1/2

LFL

この計画は、LITTLE FREE LIBRARYというサンフランシスコのNPO団体が企画している、地域住民が無料で本を借りられる小さな屋外図書館の計画である。

本の重要な構成要素である紙は木材に由来するものであり、デザインコンセプトにおいてこの関係を逆転させ、誇張することを目指した。 私たちが日々知っている建設資材として使用している木材は、多くの場合、元の木材資源から非常に無駄に抽出されています。そのため、素材としての木材を使用する代わりに、素材の元となる丸太をそのまま使用し、形状としてダイレクトに表現される方法を考えた。

 

 直径約400mm、高さ1.6mの樹皮をそのままにしたカエデ材の丸太を、高さ400mmの半分に切断し、内側をくり抜いて、背中合わせに接着して交互に積み重ねたC形の部分を明らかにします。くり抜かれた木材は、再度結合され、紙やすりで磨かれ、スツールとなります。 完成したデザインは、パッシブな棚の家具であるだけでなく、一本の丸太から本棚と座席を同時につくり出し、小さな屋外図書館という環境を創り出します。

計画地:サンフランシスコ

用途:本棚

構造:木造

階数:-

規模:400mm x 400mm

© 2020 Ryo Otsuka Architects

  • グレーInstagramのアイコン