1/8

HII

板橋区の緑豊かな公園に面する旗竿敷地にこの住宅は建つ。

要求された大きさの住空間を計画すると、法規的に壁面の窓から採光が取れないという課題があった。そこで、住宅を4つの異なる屋根形状に分割することで、外壁面を壁で閉じながら、建物全体に採光と換気が行き渡る計画とした。

特徴的な屋根形状は、内部空間にリズムを与え、吹き抜けのある箇所と2階が存在する場所でそれぞれ勾配天井となっている。屋根の高さは、内部空間に求められる必要な大きさから割り出した。

外断熱工法を採用した窓面の少ない外壁は、心地よい内部環境を提供し、

隣接する公園の緑を切り取るように、屋根同士の隙間から自然豊かな景観が望める計画とした。

計画地:東京都

用途:個人住宅 

構造:木造

階数:地上2階

規模:103㎡

© 2020 Ryo Otsuka Architects

  • グレーInstagramのアイコン