1/21

TKL

美しい藍の落水が夜の新町川に浸透し、ひょうたん島周辺に拡がっ ていくようなイメージで、過去に存 在した藍倉がこの景観整備事業 を通じ光としてにじみ出てくるようなインスタレーションを考えまし た。水と緑といった恵まれた自然と、LEDという人工的な光を有す る徳島県の特徴に加え、春日橋の歴史 を遡り、藍蔵の立ち並ぶ美し い海岸の景色を情緒的な光の景観として継承します。水、緑、LED、 藍倉(文 化)、 人々がアートインスタレーションを通じひとつになることで、徳島の 新しいブランディングイメージ を構築し、他にはない周辺に調和し た美しい風景をつくりだします。春日橋がひょうたん島と周辺をつな åぐように、LEDという照明器具がただ美しい光の景観をつくるだけ でなく、過去と未来をつなぎ、徳島と 世界をつなぐひとつの架け橋 となることを強く願います。

計画地:徳島

用途:LEDインスタレーション

構造:RC造(橋)

階数:-

規模:885㎡

© 2020 Ryo Otsuka Architects

  • グレーInstagramのアイコン