press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/13

TES

どの学校にもたいてい大きな中庭があり、それを囲うように教室が配置されている。それは学生がひとつの空間に集まって何か活動をする
には良いが、それとは別に、小さなコミュ二ティーを育み、様々な個性を持った学生たちが居やすい環境をつくりたい。
The loopsは、快適な教育環境、様々な活動やコミュニティー,自然への敬意、資金集めや、建設方法など、様々な事柄が輪をなし、形どられた学校です。それは、環境や条件に応じられる柔軟性を備え、学生と共に成長していく学校をつくります。

「Open Courtyard」+「Harvest Alley Gardens」 
小さな建築群は、大きな開放的な中庭をつくりだします。それと同時に、建物外周には、「路地状の庭」を作り出します。これら2つの空間は、建物同士の隙間からつながっており、自由に行き来ができます。この路地状の庭を設ける理由は、3つあります。1つ目に、子供たちのコミュニティー形成は、ひとつの大きな中庭だけでなく、少し隠れた空間や、小さな単位で集まれる静かな場所も必要だと考えるからです。子供たちの自由な発想を促し、自分の居場所を自分たちで見つけられる個性を大事にした学校にしたいという私たちの願いです。2つ目に、果樹をこの路地状庭に植え、段階的に予算の確保を目指し、管理する地域の人と学生たちの動線を分けることも可能とします。最後に、建設途中の子供たちの安全性を確保するために、資材置場や搬入動線として機能します。
 

計画地:カファウティン, セネガル

用途:学校 

構造:レンガ造

階数:地上1階

規模:1038.1㎡