top of page

IST

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
1/1

東京都の郊外の住宅街に計画する3世帯から成る長屋プロジェクト。

 

一般的な長屋や集合住宅では、各住戸が均一的に繰り返し配置される為、おのずと同じサイズの窓が外観に反映され「アパートっぽさ」が半自動的につくられます。

このプロジェクトでは、3世帯の住戸を1つの大きな豪邸と捉え計画します。具体的には、①周辺に対して窪みをつくり自然換気や採光面を大きく取りながら周辺からの視線は遮る。②大きく開かれた開口部と窓のない外壁面のメリハリをつくる③外部から見て部屋数が認識できない佇まい。

実際の建築の用途から少し外れた佇まいにすることで、内部空間のバリエーションを豊かにし、都市に対して少し違った表情をつくります。

 

計画地:東京都板橋区坂下

用途:長屋 

構造:木造

階数:地上2階

規模:226.05㎡

bottom of page